一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「どうしてもネガティヴなことばかり話したくなってしまうときは、なるべく最近のことを選んで話すようにすると良いですよ。あんまり昔のことだと、相手が重く感じることもあるから」

これは、私が引きこもりから少し抜け出し、ようやく人と会いはじめた時期に、主治医から言われたアドバイスです。

その頃の私はまだ、精神的に不安定で、子どもの頃から最近に至るまで、どの時期を振り返っても悪く考えてしまうところがありました。例えば、「両親の教育が間違っていたから、私は今こんなひねくれた性格になってしまったんだ」とか、「8年前、友達からあんなこと言われたけど、ほんとバカにしてる!」とか。

今考えると酷いものだと思います。私の両親は、いつも子どものことをよく考え、愛情を注いでくれていました。友達に関しても、相手は悪気なく言っただけで、私が何年も経ってから思い出してイライラしてるなんて、きっと思いもよらないでしょう。

でも、当時はとにかくネガティヴな言葉で理屈をつけて、悪い方悪い方へと心の中を真っ黒に埋め尽くしてしまう傾向がありました。以前より人に会うようになってきたのは良いものの、まだ楽しい話をする余裕がなく、重苦しい話ばかりが溢れ出てしまっていたのです。

そんな会話をしてしまった後は、決まって自己嫌悪に陥りました。相手はどう思ったんだろうとも不安になり、ひたすら落ち込む日々。それでも人に会いたくて、話したくて…。そういうアンバランスな時期でした。だからこそ、主治医のアドバイスは、私の心に響いたのです。とても具体的で、実践してみよう!という気になれました。

“病気”と“普通”の間には、大きく険しい壁が立ちふさがっていて、もう向こう側には行けない気がしていました。でも、コツを掴んで練習すれば、また行ける日が来るかもしれない。気休めの言葉ではないのが伝わったので、まだ希望があるんだと思えて嬉しかったし、先生ってやっぱりプロだな!と感動しました。

それからしばらく、私はこの事を心がけて人と会話するようにしました。「最近どう?私はこんなことがあってさ。」こんな具合に。月日が経つうちに、その心がけもだんだん忘れてしまったのですが、その頃にはもう重くるしい気持ちは消えて、普通の会話ができるようになってきました。

 

***********************

 

ランキングに参加しています。

読んでみて、何か少しでも得るものがあったり、共感していただけることがあったら、ポチっと押していただけると励みになります。



躁うつ病(双極性障害)ランキングへ

社会復帰ランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

  • -
  • 07:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment
私も双極性障害2型です。移り変わる気分に振り回され思うような人間関係を築けず苦しむ毎日ですがこのブログを読んで私とおなじ症状に苦しむ人が他にもいると知り少し救われた気がします。これからも是非ブログを続けてください。
  • yuki
  • 2017/03/23 20:39
yukiさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
私も昔、自分と同じように苦しんでいる人がいるのを知って、救われていた経験があるので、誰かに届けばいいなと思って書きました。
だから、伝わった人がいると知れて、とても嬉しかったです。
しばらくブログを休んでいたんですけど、またゆっくり続けていきたいです。
  • 33
  • 2017/03/24 08:06





   

PR

Selected Entry

Profile

Recommend

うつ病新時代―双極2型障害という病 (精神科医からのメッセージ)
うつ病新時代―双極2型障害という病 (精神科医からのメッセージ) (JUGEMレビュー »)
内海 健
双極性障害の内、2型に限定してしっかりと書かれています。
こんなにも理解し言葉にして説明できる方が世の中にいるのだとわかり、とても救われた気持ちになりました。
以来、何度も読み返しています。

Recommend

孤独と不安のレッスン (だいわ文庫)
孤独と不安のレッスン (だいわ文庫) (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
精神病について書かれて本ではありませんが、病気の進行と共に苦しめられる”孤独”と”不安”に対して、どう向き合えば良いか参考になる本です。
社会復帰の過程で背中を押してくれた一冊です。

Recommend

私のうつノート
私のうつノート (JUGEMレビュー »)
読売新聞生活情報部
題名はうつと書かれていますが、双極性障害2型の現役新聞記者さんの闘病体験です。
仕事や家族との生活がリアルに書かれてあり、後半には同僚記者から著者に向けた視点もあります。

Recommend

対人関係療法でなおす双極性障害
対人関係療法でなおす双極性障害 (JUGEMレビュー »)
水島広子
病気を持ちながら周囲の人たちとどう付き合っていけば良いか?また、病気の当人に対してどう接していけば良いのか、具体的に示してくれている本です。

Recommend

ツレがうつになりまして。
ツレがうつになりまして。 (JUGEMレビュー »)
細川 貂々
うつ病になってしまった旦那さんとの生活を描いた漫画。
うつ病ということで、症状は違う点も多いですが、全体として理解されずらい苦しさなど共感する部分も多かったです。
軽いタッチの絵や夫婦のエピソードにほっこりさせられる一冊です。

Recommend

Comment

  • 焦燥感
    33
  • 焦燥感
    mimanon
  • 役に立った言葉 〜回復期1〜
    33
  • 役に立った言葉 〜回復期1〜
    yuki

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode